1. HOME
  2. 安全運行への取り組み

オリオンバス 安全運行への取り組みについて

安全運行への取り組み

オリオンツアーの安全運行への取り組みをご紹介いたします。
オリオンツアーホームページにて販売している商品は、「高速乗合バス(路線バス)」と「ツアーバス」の2つの運行形態がございます。「高速乗合バス(路線バス)」と「ツアーバス」の違いについてはこちらからご確認いただけます。

ツアーバスとは

旅行業法に基づき旅行会社が企画・実施し貸切バス会社が運行します。

安全運行の取り組みについて

★夜行バスは乗務員2名で安全運行を実施致します。
★定期的にバス安全運行協議会を開催しています。

安全運行協議会の開催

オリオンツアーでは、ツアーバス事業における安全運行の確保を強化するため、 2006年より発足した協定バス情報交換会を発展させ、「オリオンバス安全運行協議会」を開催しています。

協議会では、オリオンツアーで定める「安全&品質管理基準」をもとに、安全運行管理の徹底、 サービス品質の向上を図っています。

企画実施会社である当社と運行バス会社との協議だけではなく、各種団体からの講師を招き、 安全はもとより、接遇・マナー講習を実施し、さらなる「安全運行・品質向上」に努めています。

2015-2016シーズンに向けて、2015年9月10日(木)に『第10回全国オリオンツアーバス安全運行協議会』を開催し、全国より取引運行バス会 社及び関係施設98社113名の皆様にご参加をいただきました。 会議の内容は、「安全&品質管理基準」や昨シーズンのアンケート(お客様の声)結果の確認、また、公益財団法人日本自動車輸送技術協会様より『バスのエン ジン関係不具合(故障)実態調査結果』の講習、事故なき社会株式会社様より『交通事故を7割減らす、たった2つの習慣』の講習を行っていただきました。


【2015年9月開催 98社113名】運行バス会社及び関係施設が参加

乗務員の人数について

   
オリオンバスの基準
国の基準
夜行便 運行距離 運行距離に関係なく交替運転士の配置を必須とする。 実車距離400km以上は交替運転士の配置を必須とする。
運転時間 運行時間に関係なく交替運転士の配置を必須とする。 運転時間9時間以上は交替運転士の配置を必須とする。